So-net無料ブログ作成
検索選択

家庭画報のえびめんは何が違うか [粉]

1612_ebimen1.jpg

半額シールに誘われ、生まれて初めて

“誌名入り”の食品を買って食べる。

(家庭画報様、ごめんなさい)

 

学生時代は、人並みに即席めんを放課後に軽く1個完食できた。なのに20代入ってまもなく胃炎を患ったのがきっかけで、じわじわ消化力は弱くなっているのを感じる。


話は戻り、家庭画報オリジナルのえびめん。


“油揚げめん”ではないとラベルを確認したことで油断。

ひと口すすって「あらー、そうめんなのね」と気づく。



1612_ebimen2.jpg

その“そうめん”の生地の感じが、

夏によく出まわる播州系とは確実に違うなーと。


すすりながら、“めん”の違いの理由を考えているうち完食(男性ならおかわり欲しいかも)。


強力粉が入ることで加熱してもコシを保つ

島原そうめん(と、あとで調べて判明)×和風のだしスープ。


原材料表示のラストにある

「さば節」が隠し味に効いているのかな。

アッサリしながらも深みあり。配合も目から鱗のバランス、美味しかった。

 

蕎麦でも饂飩でもラーメンでもなく、素麺。 


この「えびめん」にトライしなかったら、

素麺に強力粉を使う製法があるということ自体知らずして“小麦粉には詳しいぜ”と自負していたかもしれない……と思うと恥ずかしい(大げさ)。


今年の夏は、素麺フィーチャリングで詳しくなりたい。

前にインスタント麺を食べたのが何時か、

思い出せない位ひさしぶりだったから熱くなってしまいました。

 

THE GARDENで購入。クイーンズ伊勢丹でも置いていたかなー。

オンラインは箱単位↓。

→家庭画報|公式サイト


 

♪今朝の曲 

Men At Work|Who Can It Be Now

きょうの選曲はちょっと「アド街ック天国」風。



共通テーマ:blog