So-net無料ブログ作成
検索選択

Café de Ropé GINZAと80年代のギンザ#2 [note]

#1からつづきます

 

1701_sonybldg1.jpg 

学生時代は、放課後によく寄り道をした。

アメリカンファーマシー(当時は裏有楽町に1店舗)

~ソニープラザ(現・PLAZA)

~イケア洋書店(惜しくも閉店)。

クラスメートの誰もまだ持っていないだろう筆記具を探したり、見たことのないラベルの輸入食品を眺めたり、読めない外国語の雑誌をめくる、これは基本のコース。


時間が許せば伊東屋まで行き、

いつもお財布にメルシー券という割引券が入っていた。


1703_wdpn.jpg 

有楽町、数寄屋橋、銀座、三原橋、東銀座、築地

そして勝どき橋~晴海。

 

まだコンビニエンスストアがなく、屋台販売が許されていた頃、ホステスの軽食のスタンダードだった磯辺巻きだけを売る屋台が、宵の口に数寄屋橋から点在して、私も自動車教習所の帰りなど小腹が空くと、時々お世話になった。


1703_gsix.jpg

 

幼い頃から‘お出かけ’していて身近な街。

けれど個人的にはもう、ギリギリライン。イエナ洋書店がクローズした時以来の揺れ様だ。具体的な理由は見当たらなく、五感がときどき違和感を覚える。

 

1504_bunkas6.jpg 

 

もちろん不死身なものばかりが美しいとは限らないし、新しいものに懐疑的なわけではない。‘いま自分はギンザにいる’感じが希薄になってきた、ということなのだと思う。その実感が共存できる進化が回ってくれば、半日いても足りないくらいにまた仲良くなれるだろう。

 

 

書いていたら、平つかの引き戸やウエストのシュークリームが恋しくなってきました。来週、空也のもなかも予約しようか。


♪今夜の曲

藤 圭子|有楽町で逢いましょう(フランク永井)



共通テーマ:blog