So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の6件 | -

再び会う日まで [note]

1706_goldsun.jpg

愛しい人の命が次のステージへ旅立つこと

旅立つほうの人

旅立ちを見送るほうの人

 

‘今生の肉体にピリオドが打たれただけで、

魂はそのあとも続いてゆく’

その学びを頭で理解ってはいても

忘れてしまうほど辛いもの

 

触れられない辛さがある

せめて時々夢で会えますように

 


♪今夜の曲

Ryuichi Sakamoto|Amore {live]



共通テーマ:blog

レモンをむいて絞ったら、煮沸滅菌に [六季・くらし]

早くも夏至に入りましたね。

 

1706_boil2.jpg

蒸した空気が続くと、気になる食中毒や雑菌臭!

レモン汁を使ったワタの部分と一緒に、

お鍋(ホーローorステンレス)で20分~30分

煮沸すると、スッキリ。

 

1706_boil1.jpg

ベジタリアン寄りの食事を召し上がっている方は

これから立ちくらみに留意ですよ

温度・湿度差でかく汗が、体力を奪ってゆきます

ナッツや海苔、プロセスチーズなど

持ち歩けてミネラルを補える間食もGood。

 

 

1706_rainytower.jpg

♪今夜の曲

桑田佳祐|東京

梅雨に入ると脳内スピーカーから流れる曲のひとつ

ちあきなおみさんが又もしも歌うことになったら

この曲をカバーしてほしいなぁ



共通テーマ:blog

日曜日にアジがなくても困りはしない [note]

1706_jingu.jpg

5月に行われたある会合で、

某大手リテールの社長が築地市場の人へ

「日曜日にアジが並んでいないというのは、

困るんですよ」と文句を述べていました。

 

その社長の年代が幼かった頃は

お魚を鮮魚専門店で販売する時代だったうえに

「大将!今日はアジ入ってる?」

「あぁー今朝はとれなかったらしいから

また明日ね」

わずか10秒足らずで、解決していた事です。

 

アジは生きもの。その命は多くの人々の

たゆまぬ手を渡りわたって店へ運ばれ、

ようやっと商売が成り立っている。

そうした肝心要なセオリーの基板が

社長自身の頭脳では完全に崩壊しているようです。

腹が立つのを通り越し、呆れ返りました。

 

もちろん、アジだけではありません。
生産者と消費者間に隔たりを広げているのは

こうした一部のリテール企業の役員たちが

傲慢(というより命を何だと思っているのか

さっぱり理解できない)ゆえなのかもしれませんね。

 

♪今朝の曲

Penguin Cafe Orchestra|Flux

中島ノブユキ|追憶のワルツ



共通テーマ:blog

干し芋と黒こしょうのスコーン [粉]

1706_ssscone.jpg

出先で急に空腹を覚えると困りますよね

コンビニエンスストアへ入りはしたけれど

美味しそうと思えるものが見つからず

辛うじて買った干し芋が…硬すぎてトホホ

 

コレはどうにかならないものかと

スコーンに混ぜ込んだらいいじゃなーい!

と焼いたがやっぱり硬いまま

 

この日は全粒中力粉と薄力粉を同量、

型で抜かずドロップ岩タイプにしました。


 



 

♪今夜の曲 
Nitin Sawhney Feat. Roxanne Tataei|Distant dreams

~Acourstic version



共通テーマ:blog

ロブションのパウンドケーキ [粉]

1706_robuorange1.jpg

お中元に選ぶものを絞り込む季節ですね

手帖やカレンダーを見る回数が増えています

写真はロブションのパウンドケーキ

作るばかりで買う機会がほぼゼロの焼き菓子

1000円台から16000円台って価格ゾーン広いなぁ

 

1706_robuorange2.jpg

些細なミスが続く自分にうなだれて

気持ちを立て直しせめて見た目だけでもと

口角を上げて前へ進む

ところがまたもやケアレスミスで

自分のボケ具合にほとほと疲れる

 

1706_hparkbird.jpg

そんな週明けだが

今日の風は私の理想的な風だった

Thankful to my Jesus.

 

♪今夜の曲

Bobby Cole|A Perfect Day



共通テーマ:blog

COMME des GARÇONSとカミングスの詩 [note]

1705_garconsmidtown1.jpg

e e cummings

と書いて

Edward Estlin Cummings

アメリカ人らしいような

全くそう思えないような詩を描く詩人

 

「詩を読んでも、なんのこっちゃと思う」

と感じる人がいますね。

幼いころから書く詩も読む詩も好きな私にとって

詩は、フランス映画のように解釈が自由で

経験を重ねたあとで再び開いたときに

より深みを増すところが魅力的です

心の筋肉をストレッチする効果があるかな

 

 

箱組みによる文字アキが気になってしまい

原文が入ってくるまで時間がかかった

わざとスクエアにしたいと狙ってのものでしたら

作った方、ごめんなさい

 

以前参加した「Type Talks(@青山ブックセンター)」で、

小林 章さんが箱組み指定によって生じる

ワードスペースやレタースペースのバラつきには

気をつけよう、とおっしゃっていたのを思い出す。

 

1706_cdt01-54.jpg 

滑らかに読めて尚且つ美しい本文組みを作るのは

なかなか根気がいる行程で時間もかかるし、

納期が迫っているとブロック一括指定でGO!

みたいに致し方ない状況のときもあるのだろう。

 

与えられた時間内で

どうしてもココひっかかる とか

俯瞰で見た時に何か… と

気づけるセンス、

面倒でも直す実行力にかかっている

 

先日も友人とそんな話になった

 

そんな人が増えれば増えるほど、

日本のデザインに「洒落てるぅー」って物が

比例して増えていくのかもしれませんね。

 

1705_garconsmidtown2.jpg

東京ミッドタウン店準備中のEARLY SUMMER。

 

 

♪今夜の曲

Chilly Gonzales & Jarvis Cocker|Room 29



共通テーマ:blog
前の6件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ