So-net無料ブログ作成

八丁味噌でつくる自家製甜麺醤 [豆]

1802_tenmen1.jpg

田楽味噌をこしらえるために八丁味噌を買ったら

思いのほか減る速度がゆっくりで

甜麺醤も作ることにしました

 

1802_tenmen2.jpg

長くキープしている雑誌の切り抜きのなかから

脇屋友詞シェフが監修した「醬」のページを参考に

 

1802_calvabottle.jpg

お酒をカルヴァドスに代えて すり鉢のまま電子レンジで少し加熱

 

1802_tenmen3.jpg

砂糖とごま油を少しずつ足して調整

味見を重ねて好みに仕上げる工程が楽しいですよ

 

1802_tenmenfin.jpg

北京ダックや回鍋肉でなくとも

今なら湯豆腐、スチームしたお野菜、生春巻きなど

色々と使い道あり

1802_sunset.jpg

暦は「雨水」。コブシの花の蕾がふっくらしているのを見かけます。日照時間が伸びてきましたね。

 

それにしても、アスリートから学ぶものは多いなぁ。

♪今夜の曲
Stevie Wonder|Ribbon In The Sky



共通テーマ:blog

肺をうるおす黒豆の煮汁 [豆]

1801_tanba.jpg


お正月の黒豆、小田垣商店さんに戻りました


ここ数年好きな糖質割合は、お豆200gに対してきび砂糖160g


 


1801_pick.jpg


はじくお豆はほんの少量で、名店の仕分けを実感


 


 


1801_tanba2.jpg


そして上の写真の黒豆は広島産の丹波黒豆
毎年炊くのを知る友人が帰省土産に買ってきてくれました


そこで
大晦日に煮たときの煮汁を新鮮なまま活用することに


 


継ぎ足す際にコク出しとして塩黒糖を加えたら
濃密な煮汁になってのどシロップのよう


黒豆のエキスは黒糖と相性が良くて
「潤肺」を促すと中医学の本にありました


冷凍してノド飴がわりに少しずつ解凍とか
インフルエンザが流行っている冬には最適
葛湯に生姜と合わせると冷える夜にはきっと温まりますよ

1月20日は大寒ですね


 


♪今夜の曲
George Micheal|Jesus To A Child



共通テーマ:blog

TRUNKのドリップバッグ珈琲&どら焼き [豆]

1710_trunk_drip1.jpg

10月1日はコーヒーの日でした。
風邪をひいた時以外は毎日。


自由が丘のアンセーニュ・ダングル

南青山のレジュ・グルニエと、今はなくなった姉妹店で
渋谷神南の半地下レジュ・ドゥーなどなど
煙草を愉しんでいたころは、よくチーズケーキと。


それからだいぶ経って片頭痛が再燃すると
右へ倣えで、チーズを摂り過ぎないよう控え始めます。

何か頑張ったときのとっておきにして、いまは粒あんとのペアが定番です。


って、コーヒーに興味ない人にとっては
何のこっちゃ、ですな。


1707_trunk_store2.jpg

話は21世紀に戻り、
渋谷・原宿間にできた複合施設 TRUNK


1710_trunk_drip2.jpg

テイクアウトしたアイスコーヒーでは
豆の味がよくわからず、買ってみたドリップバッグ。


1707_trunk_store1.jpg

HOTELにステイするとお部屋に置いてあるこのドリップバッグは、STOREで購入可。


1710_trunk_dora.jpg

平林奈緒美さんデザインによるロゴはどら焼きの焼印にも。
フォントがほんわかとして、チャーミングになっている。


♪今夜の曲
Kenny Burrel Quartet|Autumn in New York


共通テーマ:blog

ダンデライオン、BIGOT、カカオ味の旅 [豆]

1703_dande1.jpg

 

少し前のはなし、

立春のころに不愉快甚だしいことが起きた。

落ち込んだり怒りに震え揺さぶられるほど、心身のダメージを受けたわけではない。とはいっても、なんとなく心からゲラゲラ笑えない数日間を過ごしていた。


1703_bigotsau.jpg

そんなときに、バレンタインデーだ。


愛しい友人が何も知らぬままに温かく、ダンデライオンのチョコレートやBIGOTのレザン ドレを送ってくれた。愛のビームによってV字回復する、甘い2月だった。

 

ところで、

カカオ豆の生産現場へ足を運ぶ人々との話がふくらむ、

という時間が、今年何度かあった。


たとえば、アメリカ西海岸に住むデザイナーが、

原産地へ出向き、農園探しからパッケージに至るまでの商品づくりを手がける

その様子を見て惚れ込んだもう一人の女性が、卸業のチャレンジを勇敢に続けている。


 

アフリカまで足を運びようやく野生種に辿り着いたという、

あるフランス菓子店のパティシエは、豆の個性を引き出す最適な方法を真摯に考えていた。

 

1703_dande3.jpg

皆さん一様に「きちんと作っている農園はごくわずか」になってきたと憂い含む表情。言わずもがな、日本も含めて先進国による大量発注で、無茶な製造速度を求められるからですね。

 

海の向こうの誰かが、育てて実らせて初めて、

豆の収穫へ進めるのだけれど、そこに至る想像力がいかんせん薄まりがち。私も含めて。


数年前、とあるメーカーの工場で取材中に、

今はよく聞く‘カカオニブ’の状態を生まれて初めて口にした。


五味で例えれば「苦味」オンリー!反面、完成品より混じり気ないぶん、コアな部分に触れている感触が余韻でのどに残った。

 

1703_dande2.jpg

 

ショコラ由来の頭痛はまったく表れず、

初Bean to Bar体験は、学ぶところが多かった。

 

片頭痛を避けるために、ふだんチョコレートは少し遠い存在。

けれどお薬として珍重された歴史も深い。

加える副材料を最小限におさえた純度高いものなら、体は片頭痛どころかポジティブなほうへ向かうのだろうか。

チョコレートもコーヒーと似ていて、

美味しいだけではすまない一面を抱えている。

だからこそ、1ピースや1杯をたいせつにいただこうと思う。

 

♪今朝の曲

Vladimir Cosma|Promenade sentimentale



共通テーマ:blog

コーヒーの香りで旅する青森 [豆]

1701_aomoriblend.jpg

 

今年初めてのドリップコーヒー、青森ブレンド

友人がイベントで買ってきてくれました。


いつもはミルクで割るようになって久しいけれど、少し口にしたら、保存状態も良好で真に素直な味だと瞬間で分かる。


ぐいっとストレートでいただく。

やっぱり、スマトラが入っている味がツボらしい。


 


♪今夜の曲 Sarah Vaughan|Black Coffee

 



共通テーマ:blog